↓スマホから家のカギがかけられるロボットが登場したようです。

見た目はロボットというよりは、箱ですね。
これを玄関ドアの内側のサムターンに取り付けて、このロボットがスマホから信号を受け取ってカギの開け閉めをするようです。
だから外からはこのロボットが付いているかわからないようになっています。

カギを失くすことが無くなる

実物のカギを持つ必要がないので、失くす心配をしなくてすみます。

合カギをわざわざ作らなくてもいい

自分以外の誰かが家に入る用事がある時も好きな時にワンタイムキーを送ってあげればいいので、前もって合カギを作って渡しておかなくてもよくなります。

家以外でも活躍

ホテルで活躍
フロントでのカギの受け渡しや手続きが不要で、あらかじめ電子キーを受け取っておけるようになるので、チェックイン・チェック時間の待ち時間を大幅に削減

不動産内覧に活用
仲介会社が実物のカギを大家さんから預かる必要があるなど、時間のロスを減らし、 管理者以外のカギの複製不可であり申請時間以外は使えない、といったセキュリティ面の強化も期待できます。

スマホだけあればいい?

近々、物を持たなくてもよくなって、スマホだけあればいいという時代になるかもしれませんね。
4月にApple Watch も登場するということで、そのうちスマートウォッチだけあればいいということになるのではないでしょうか。

関連記事

美和ロック LA型サムターン LA.TH DT50〜57 ST